Home Art通信

二択だと思いきや・・・

2016.05.14

自転車を取るか単車を取るか

最近引越しをして身辺整理の際、同じ二輪だし、自転車と単車両方はいらないだろう、ということになり泣く泣く単車を処分した國友です。

でも、よくよく考えると使用用途が違う!!って事に気づいたんです。

自転車は近場、単車は遠方という具合に使い分けしていたのに遠方への交通手段をなくす決断をしてしまった自分にショックを受けています。苦笑

 

ダウンライトとブラケット照明

照明器具として見ると同じものなんですが、使用用途が違ってきます。

・ダウンライト

上から下へと広がっていく光を放ってくれ、天井に埋め込まれているので凹凸が少なくスッキリとした見た目でスタイリッシュです。

その他では扉を開けた時にも当たることがないので設置可能位置が多い事や、多灯配置で演出しやすい事もあげれます。

デメリットとしては資格が無いと取付出来ない事や、球の取替が出来る器具がまだまだ少ない事が挙げられます。

PIC000197

 

 

 

 

 

 

・ブラケット照明

壁面から球体状に光を放ってくれるものや、上下を照らしてくれるもの、上(下)だけを照らしてくれるもの等、光らせ方やデザイン等、種類がとても豊富でアクセントを付けるには最適かと思います。

例えばリビングのテレビ横への設置でアクセントをつけたり、寝室のベット横に眩しすぎない程度のブラケットとスイッチを設けて読書用にしたり常夜灯代わりにしても良いですよね。

デメリットとしては設置位置によっては目立ち過ぎてしまう事や、出っ張るので扉(特に収納の折れ戸)に当たってしまったりする。選ぶ物によっては球の取替が出来ない、家具の配置替えをしたいと思った際に邪魔になったりするケースもある、といった事です。

PIC00029D PIC00011B

 

 

 

 

 

 

 

 

両方に共通している球の取替ですが、最近はLEDが主流になっているので球切れの寿命も約10年と言われているので球の取替が出来る器具にしても10年後には機械寿命が来るかも、と考えればデメリットではないかもしれないですね。

PIC0001F6

ダウンライトとブラケット照明

夢のコラボです!!笑

 

 

 

 

 

 

Copyright © 2011-2017 HOMEART Home Art All Rights Reserved.